トップページ > 新技術紹介

第9回 技術講習会

 水問題研究所では、平成23年度より、日本水道協会中部地方支部、中部地方下水道協会の後援を得て、民間の上下水道に関わる新しい技術、手法などを募集し紹介する技術講習会を開催しています。今回は平成31年2月6日、名古屋国際センターで開催され、講演と5題の新技術が発表されました。




 なお講演と応募された新技術の概要については下記をご覧ください。
 

持続可能な上下水道事業を目指して ~名古屋市上下水道局におけるアセットマネジメント等の取組について~

名古屋市上下水道局主幹 石榑昌樹   

無線通信技術LPWAとスマート水道メーターへの取組状況について(発表)

愛知時計電機株式会社

「ハイブリッドシステム工法」について  ~推進・シールド併用型非開削工法~(発表)

株式会社栗本鐵工所

耐震性を有する不断水工法 (発表)

大成機工株式会社

下水道管路施設の包括的民間委託に向けて ~高効率容積式スクリュブロワ~ (発表)

中日本建設コンサルタント株式会社

水道事業における広域化と官民連携の実践例 ~群馬東部水道企業団「事業運営及び拡張工事等包括事業」~(発表)

株式会社明電舎

 
tml>